城西大学附属 城西中学・高等学校

卒業生紹介Voice

元プロ野球選手/野球指導者 高橋慶彦 (1974年度卒業)

元プロ野球選手/野球指導者高橋慶彦(1974年度卒業)

“城西があるから、今の自分がある”

甲子園を目指して強豪の城西学園に入学し、野球に明け暮れる毎日を過ごしました。当時から城西には好きなことに打ち込める環境があり陸上・柔道など皆熱心で、雰囲気が良かったですね。
私がプロの世界で成績を残せたのは、高校時代の豊富な練習量や先輩への礼儀方への礼儀といった環境があったからこそ。
しんどいこともありましたが、本当に城西の先生や、先輩に出会えてよかったと心から思います。
城西に入学する皆さんには是非夢を持ってほしい。そして実現に向けて「覚悟の努力」をして下さい。
「これ以上はできない」と胸をはって言える努力をした分だけ、自分の器がどれほどのものか自己を理解することができます。
その結果、たとえ夢が叶わなかったとしても夢を諦めた自分自身の判断を信頼することができます。

来歴

第56回全国高等学校野球選手権出場。広島東洋カープに入団後、3度の盗塁王を獲得。
1979年に33試合連続安打を記録(現プロ野球記録)

来歴
東京大学医学部付属病院薬剤部 安田優子 (2006年度卒業)

東京大学医学部付属病院薬剤部安田優子(2006年度卒業)

“家族のような環境の中で自分らしく過ごした6年間”

城西学園には生徒の自主性を重んじ、一人ひとりの長所を引き出してくれる環境がありました。
フレンドリーに接してくださった先生方や、それぞれの目標に向かって努力している友人達に囲まれて過ごした日々は、まるで第二の家族といるようでした。6年間部活に打ち込みながら城西大学に進学して薬剤師になれたのも、常に自分らしさを失わずにいられたからだと実感しています。現在の職場では、医師や看護師と連携しながら入院患者さんの日々の変化を見守ることができ、やりがいも十分。
ここまで私を育ててくれた城西学園には感謝の気持ちでいっぱいです。

早稲田大学人間科学部2年 坂本真美 (2015年度卒業)

早稲田大学人間科学部2年坂本真美(2015年度卒業)

“充実した環境で本当の自分を見つけ出す”

城西生時代には、念願だった長期留学に行けたことが一番の思い出です。約一年間、アメリカのオレゴン州で異文化や現地の英語に触れ合うことができました。
頭で考えるだけではなく実際に体験することによって、不明瞭だった自分の未来像も明確になりました。そしてグローバルな知識を身につけるため、大学で文化人類学を学び、卒業後に英語を活かした職業に就きたいと思うようになったのです。
自分の夢や目標を決めるためには、それを見つけることのできる環境がとても大切だと思います。これから先も城西には生徒たちにそんな機会を与え続けてくれる場所であってほしいです。

保健体育科教諭 中衛悠樹 (2004年度卒業)

保健体育科教諭中衛悠樹(2004年度卒業)

“母校で培った「城西イズム」を、教育活動の中で継承していきたい”

私の中での高校3年間は非常に濃く、かけがえのないものでした。特に部活動の恩師との出会いは、今後の私の人生の「分岐点」ともいえるような大きな出会いとなりました。“個性を尊重し、対話を重視する”指導方針は、まさに「城西イズム」ともいえるものでした。

今教壇に立ち、生徒たちとの関りの中で、その城西イズムは自分の教育の礎となっています。
現在、顧問を務める軟式野球部での指導もそのことを念頭に指導に当たっています。その結果、今夏の東京予選では37年ぶりに優勝し、全国大会出場を果たすことができました。“城西イズム”を次の代に伝承していくことが自分の役目であると感じ、この先も教育活動を通して母校への恩返しをしていきたいです。

城西についてもっと知ろう!

城西大学附属 城西中学・高等学校

〒171-0044 東京都豊島区千早1丁目10-26

tel.03-3973-6331 / fax.03-3973-8374

パノラマビューを見る アクセス
PageTop