お問い合わせは03-3973-6331まで
城西大学附属城西中学・高等学校 帰国生入試 モバイル用写真 城西大学附属城西中学・高等学校 帰国生入試 PC用写真

国際理解教育 ―帰国生と共(友)に―
城西は様々な経験を積んだ帰国生を歓迎します

本校は35年前のアメリカ・オレゴン州の高校との姉妹校協定締結を機に、現在まで7か国に8校の姉妹校と8校の提携校を展開してきました。その中にあって帰国生の果たした役割は多大なものがありました。

かつては帰国生募集を行っておりませんでしたが、留学制度に代表される本校の国際交流プログラムに魅かれて、帰国生が一般入試で入学してくる状況が続いていました。

日本と異なった文化の中で、身につけた個性、培われた教養・知識など、国内の環境では習得し得ない多種多様な財産を、帰国生たちが本校の様々な場面で、身をもって体現することによって、一般生徒が海外文化に関心を持つように変化していきました。

また、自らも海外留学に積極的に参加し、姉妹校との懸け橋となり、帰国後もその経験を活かして、国際教養系の大学や海外の大学に進学をしています。

帰国生のために専用のクラスを設置したり、インターナショナルクラスのような特別な生徒のいるクラスへ所属させる学校が多いようです。帰国生だけのことを考えれば良いことなのでしょうが、本校は特別進学コースのような生徒を区別するクラスはつくりません。極端に言えば、東大を目指す生徒と甲子園を目指す生徒が同じクラスの中で励まし合い、価値観の異なる人間とコミュニケーションが取れる人物に成長できる環境を理想としています。帰国生も国内生と同じクラスに所属して、お互いにそれまでに過ごした生活や学習環境から起こる、思考、行動などの違いを理解して認め合い、それぞれの良さを共有し助け合うことがグローバル意識の原点であると考えています。

今、話題となっている、2020年大学入試改革で求められている教育の3要素の中で、特に「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」は海外の教育現場では既に不可欠なものです。加えて、英語についても、4技能5領域の実践的な力がコミュニケーションの重要なツールとなっていることは常識です。帰国生と、国内生がお互いに計り知れない影響を与えあいつつ、このような帰国生への教育プログラム―海外で暮らした経験を将来に活かすために本校では、中学の英語の授業を日本人教員(4時間)、英語Native教員(3時間)が担当します。海外で日常的に用いていた英語ですが、実は文法、ライティングの面では正確さが不足していることが現状です。

日本人教員がそれらを基本から補います。英語Native教員はプレゼンテーション、ディスカッション、ディベート、スピーチなどのプラクティスによってコミュニケーション能力をブラッシュ・アップします。

また、放課後には、英語Native教員が中学生・高校生を対象に、レベル別に「Academic English講座」を開講し、英検、TOEIC、TOEFLなどの外部検定試験対策や海外留学対策を行います。加えて、2017年よりビジネス英語で歴史と定評のある”Berlitz“英語特別プログラムを導入しました。将来グローバル社会で活躍できることを目指し、海外や本校で身に着けた英語を「使える」生徒に育てます。また、「大学入試の英語4技能化」を見据えて、SpeakingとWritingを中心とした英語力の育成に役立ちます。

授業外では、姉妹校やロータリークラブをはじめ、多くの団体から派遣される留学生の受入に協力し、海外在留経験を活用する機会が多くあります。帰国生の多くは国際交流委員会に所属して、一般生徒と共に受入留学生に対して、授業、学校行事、部活動そしてカウンセリングなどの面でホスピタリティーを発揮しています。2020年東京オリンピック・パラリンピック教育の一翼を担うことを期待しています。

2018年度 中学帰国生入試

定員
男女計10名
対象
帰国後3年以内で1年以上の海外経験があり、日本語によるコミュニケーションがとれる者
出願期間(Web上にて受付)
第1回 平成29年11月1日(水)~平成29 年12月2日(土)の23時59分まで
第2回 平成29年11月1日(水)~平成30年 1月6日(土)の23時59分まで
試験日
帰国日程の都合に合わせて以下からお選び頂けます。
第1回 平成29 年12月4 日(月)午前
第2回 平成30年 1月8日(月・祝)午前
帰国都合によって上記日程での受験が不可能な場合に限り、試験日を個別設定することもできます。
2回受験することはできません。中学一般入試を受験することは可能です。
受験科目
① 2科方式  国語・算数 + 面接
 
② 3科Best2方式  国語・算数・英語 + 面接 
3科とも受験していただき、高得点の2科の得点を評価する入試です。
 
英語は英検3級レベル・リスニングはありません 面接は受験生のみ・日本語で実施
帰国生のみ
必要な
出願書類
試験当日ご持参ください
在学 (または卒業)現地校・日本人学校の在学証明書(または卒業証明書)
海外在留証明書(本校指定のもの:本校HPよりダウンロード可)
在籍教育機関調査書(本校指定のもの:本校HPよりダウンロード可)
住民票(受験者と保護者の続柄と、以下①あるいは②の確認がとれるもの:本帰国後提出も可)
① 親のうちいずれかが日本に在住し、受験者と同居
② 両親が海外に在住し、受験者のみ日本国内の親戚縁者と同居

 

国語、算数の問題は日本国内で実施される小学校6年生までの学習内容を十分に理解し、基本的な読み書き、計算能力を確認することを目的として出題します。国語は物語文・説明文の読解が中心です。文法知識の問題は、日本語の正しい言い回しを判断する形式で出題しています。算数は整数、分数、小数と四則演算のルール、統計、速さ、割合と比、図形と立体など小学校で学ぶ必須内容に対する理解度を確認する問題を出題しています。英語は英検3級レベルでリスニングは含みません。英検の記述問題の形式に合わせ、主に会話文や長文の読み取りを主に作題しています。自由英作文も出題しています。

日本人学校出身の方、海外で英語の学習を進めていない方に対しては、①の2科方式をおすすめします。国語、算数とも難易度は本校の一般入試の問題より若干低く設定し、極力平易な日本語で問いかけ、答えられるよう配慮しています。

海外現地校出身の方、英語を身につけているが国語、算数に対して遅れを感じる方には、②の3科Best2方式をおすすめしています。3科のうち最も高い2科の得点を合否判定に用いることができますので、英語で高得点が取れればどちらかの遅れのある科目をカバーできます。また、特に英語のリスニング力に自信がある方は、2/1に実施される英語技能入試をお奨めしています。こちらは英語1科目のみで実施し、リスニング問題が全体の40%を占めます。耳で聞いた英語の内容を理解し、適切な返答をする能力を中心に英語力を身につけている方にはこちらがおすすめです。

面接は受験生のみ、日本語で行います。主に入学後の学校生活を送る上での適応能力を判断します。周囲の友達、先生と日本語でのコミュニケーションがどの程度取れるか、学習上特に個別配慮が必要な科目があるかどうかを確認し、入学後のサポート計画を立てる上での参考にします。

帰国生受け入れに関するQ&A

 帰国生に対する入学後のクラス配置・授業体制は一般生(国内生)と異なっていますか。

 帰国生は一般生と同じクラスに所属します。但し、英語に関しては中学1年から高校1年まで習熟度別授業を行っております。中学で初めて英語を学ぶ生徒と、既に英検2級や3級を持っている生徒、海外で日常的に英語を使っていた生徒とは当然のことながら別々の授業を受けて頂くことになります。

 帰国生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか。

 英語の授業はネイティブ英語教師と日本人教師が別々に行ないます。ネイティブ教師が帰国前に近い環境で英語による授業を行ない、日本人教師が、読解・文法など帰国生にとって不得意な分野の授業を担当します。

 帰国生に対してキャッチアップとしての補習授業を行っていますか。

 カウンセリングを行い、国語、数学、社会、理科などで未習単元があれば、補習など個別に対応します。

 入学した帰国生を指導する上でもっとも気をつけていることは何ですか。

 異文化の中で育ったことで生活習慣、価値観の違いがあります。それらを理解、尊重した上で日本の生活リズムに慣れ不安のない学校生活が送れるようにカウンセリングを行ないます。

 帰国生が入学するにあたって、事前にしっかり認識しておいてほしいことは 何ですか。

 本校の教育方針や校風について、特にホームページ上の「帰国生入試」の趣旨を理解して受験してください。英語以外の教科の遅れは個別対応しますので心配しないでください。

 帰国生に望む「海外で学んできてほしいこと」は何ですか。

 本校の海外留学派遣生徒に期待することと共通していますが、異文化を体験し視野を広げ、グローバル化社会で国際貢献できる力をつけてください。

 帰国生やそのご家族に伝えたいことはありますか。

 本校は個性、自発活動を尊重した教育を行っております。海外での貴重な体験を国内生と共有し、その個性やバイタリティーを授業、国際理解教育、留学プログラムでリーダーとして発揮することを期待しています。 また、英語圏で培ってきた英語力を維持、ブラシュアップさせるために、取り出し授業、本校ネイティブ教師による放課後特別授業(主にTOEIC/TOEFL/英検対策)、外部講師を招いた「Berlitz」講座を設定しています。逆に、帰国生が海外と日本の文化や教育の違いにより生じた戸惑い、国語・社会・理科などの学習の不得意分野については、クラス担当、授業担当教師がケアーしています。

 帰国生が入学するにあたって、興味をもってもらえる情報はありますか。

 ◆ 6ヵ年国際理解に特化した一貫教育をおこないます。
(英語の授業はネイティブ教師が行います)
◆ 国内のみでなく海外の大学進学も奨励しています。
◆ アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、中国、台湾に姉妹校があります。
◆ 留学プログラム(長期・中期・短期留学)が充実しています。
姉妹校と直接(業者を仲介しない)プログラムを作っています。
◆ 姉妹校、提携校、留学団体、ロータリークラブからの派遣留学生を受け入れています。
◆ 高校の修学旅行は台湾で実施しています。姉妹校の生徒との交流を中心としたプログラムです。

お問い合わせは
TEL:03-3973-6331
E-mail:nyushi@josaigakuen.ac.jp

お気軽にお問い合わせください

城西大学附属城西中学・高等学校 ホームページへ

 

2018年度 中学一般入試

2月1日
午前 4科型・2科型・英語技能
2月1日
午後 4科型・2科型・英語技能
2月2日
午前 適性検査型
2月2日
午後 2科型
2月7日
午前 2科型

-英語技能入試・適性検査型入試について-

正自由主義教育の実践校として出発した城西学園はまもなく100周年を迎えます。人間教育の場として体験学習や生きた国際交流を通じ、未知の世界を切り開く強さと優しさを備えた人間を育てる学校として、長らく教育と向き合って参りました。また2017年度より新たに始まった英語技能入試、適性検査型入試によって高い英語力、思考力、表現力を有する生徒が本校に入学し、様々な場面で活躍しています。2018年度もさらに多くの方に受験して頂きたく、こちらに新型入試の概要をご案内します。

新型入試① 英語技能入試

○本入試によって本校が求める人物
(1)帰国生、国内生を問わず、国際的な視野と素養を持ち、海外に強い関心を持つ人物
(2)継続的に英語の学習に努め、英検3級程度の実力を有する人物
(3)日本語で円滑なコミュニケーションが取れ、本学の学校生活に適応できる人物

 

○出題の基本方針
英語(100分/50点) 英検3級程度のレベルで出題
最初に15分のリスニング問題を放送する。配点はリスニング40点、筆記試験60点。基本的な出題形式は英検3級に準拠する。リスニングは会話の内容理解を中心に出題。筆記は語彙と文法力、約100ワード程度の文章の読解力を問う問題を中心に出題。問題のほとんどは英検と同様に選択肢から選ぶ形式だが、文章内容に関する質問に対する応答を英文で作成する問題も含む。

個人面接(日本語で実施)
面接前の20分で面接票を日本語で記入、面接票をもとに質問をする。内容は主に「本校を志望した理由」、「英語の学習を進めた理由とその学習方法」、「普段の生活」の3つに関することとする。3名の担当教員により5~10分程度で実施。

 

○合否判定
英語試験得点と、提出された通知票コピー、面接の内容を基に判定。合格者数のバランスは2科、4科入試受験者の成績と比較して公平になるよう総合的に判定する。

 

入試実施概要

出願締切 試験日 募集定員 合否発表日時 手続締切
Web出願 1/31 23:59まで
当日出願も可(窓口にて8:00まで)
2/1
午前
2科型・4科型と合わせて50名 校内掲示:2/1 17時
本校HP上:2/1 17時
2/2 16時
窓口受付
Web出願 1/31 23:59まで
当日出願も可(窓口にて14:30まで)
2/1
午前
2科型・4科型と合わせて30名 校内掲示:2/2 8時
本校HP上:2/1 23時
2/2 16時
窓口受付

新型入試② 適性検査型入試

○本入試によって本校が求める人物
(1)自然現象、社会事象に関心を持ち、その変化や原因を積極的に思考、探求する力を持つ人物
(2)小学校で学習する国語・算数・理科・社会の基礎知識を用い、事象を適切に表現する力を持つ人物
(3)様々な分野の文章・資料・グラフを論理的に読み解き、与えられた課題を解決する力を持つ人物

 

○出題の基本方針
都立中高一貫校、共通作成の適性検査Ⅰ、Ⅱに準拠した形式を取る。解答は主に記述形式だが、文章、資料の正確な読み解きを行うためのヒントとして、穴埋め、選択式の問題も含める。

 

適性検査Ⅰ (100分 / 45点)
・A、Bの2種類の課題文(評論文やエッセイなど、各1800字程度)を論理的に読み解く力、およびAとBの文章を踏まえた上で、自分の考えを適切な日本語で表現する力を評価する。
・課題文を論理的に読み解けていることを確認するための問いを複数(選択式も含む)出題する。
・A、Bについて自分の考え、意見を表現する問題は約300字程度の記述問題とする。

 

適性検査Ⅱ (100分 / 45点)
・算数の知識を要する問題、社会科の知識を要する問題、理科の知識を要する問題を出題する。
・自然、社会の事象を表した様々な資料、グラフを読み解き、思考、表現する力を評価する。
・解答形式は記述式だけでなく、穴埋めや選択式の設問も含める。

 

○合否判定
・適性検査得点と、提出された通知票コピーの内容を総合して判断する。

 

入試実施概要

出願締切 試験日 時程 募集人員 合否発表日時 手続締切
Web出願 1/31 23:59まで
当日出願も可(窓口にて8:00まで)
2/2
午前
8:35~8:50 ガイダンス
9:00~9:45 適性検査Ⅰ
10:00~10:45 適性検査Ⅱ
10名 校内掲示:2/3 8時
本校HP上:2/2 23時
2/10 16時
窓口受付

・都立中高一貫校併願者に限らず、入学手続きは全員2/10までお待ちします。
・12月9日(土)、1月13日(土)に中学入試説明会を実施予定です。

お問い合わせは
TEL:03-3973-6331
E-mail:nyushi@josaigakuen.ac.jp

お気軽にお問い合わせください

城西大学附属城西中学・高等学校 ホームページへ